FC2ブログ
日々のことを、いつの日かの大切な思い出として、のんびりとつづりたいと思います。
2019年10月04日 (金) | 編集 |
きっかけは、たまたま・・
サラは、年齢的に血液検査より尿検査を
してもらった方がいいかもしれないとふと思い立ち
191001_3.jpg
アヅキの検査結果説明で病院に行くついでに
オシッコ持参でサラを病院に連れていくことにしました。

サラの尿検査は、今回が初めてでした。
オシッコは、採取して2時間以内に
検査してもらわないといけません。

サラは、1日2回おしっこをします。
(1回目は午前4時~5時、2回目は午後16時~17時です)
191001_5.jpg
2回目狙いで、ただ・・サラに勘づかれ苦戦しました。
最後はラップを使用して、オシッコもって、いざ病院へ

コロルで行こうと思ったけど
サラが逃げ回り優雅に入ってくれないので
いつものでw
191001_8.jpg
サラは閉じ込められるのが嫌いで
アヅキと違って病院は好きかもw
待合室で、「出して~」と
ゴツンゴツンヘディングするサラ。

尿検査結果前に院長先生が丁寧に触診中。
キャリーから出してもらえて、
「サラちゃんですよ」とゴロゴロご機嫌サラw
191001_7.jpg
先生からも人懐っこくて毛並みが綺麗だねって
褒められたんだけど・・

尿検査の結果は・・
191001_1.jpg
ストルバイトあり、PH8。
顕微鏡の画像みせてもらったら結晶くっきり

膀胱のエコーです。(赤く囲んだとこが砂だそうです。)
191001_2.jpg
石はないけど(女の子は石ができにくいらしいです)
砂が底にたまってます。

因みに・・サラは子猫のときから、夜のヤギミルク以外
ご飯以外のおやつは一切あげていません。

先生曰く、サラの場合もとからの体質なのかもしれない
ということでした。ほんと見た目には元気いっぱいなんですよ

ということで、増税初日の10月1日
夕食から療法食デビューとなりました。

病院でもらったサンプル品です。
アヅキも昔c/d食べていた時期がありました。
そのころは、カリカリもウェットも各1種類しかなかったのに、
今ってすっごく種類が豊富でびっくりしました
sara_ryo.jpg

看護師さんがくれたメモ
sara_ryo_2.jpg
とても親切な方でした。
猫ちゃんは飽きることもあるから
とりあえず食べるものからはじめてください。
そして、ご参考にとお値段も教えてくれました。
(病院ではサンプルはカリカリのみしかないとのことでした)

これからの季節を考えると水分補給もかねて
ウェットとカリカリ半々でと思い
帰宅後、療法食取り扱い店を調べて電話し
翌日購入したウェット
191001_9.jpg
10/2の夕方からカリカリとウェット各15gでたべさせてます。
カリカリもウェットもどれも毎回ガツガツ完食してます。
サラは、子猫のときから食べる圧がすごいw
191004_1.jpg
全く嫌いってないのも・・珍しいのかもw
191004_2.jpg
とりあえず、カリカリとウェット一番お値段がやすいのから
常備してみたいとおもっています。


実はね・・
 サラちゃんこの日体重は、3.54キロ
 先生が触診してたとき、
 何気に私が「そんな太ってませんよね?」って聞いたら
 先生苦笑・・。ちょっときてるかなぁって(笑)
 191001_4.jpg
 ご飯1割ぐらい減らした方がいいといわれてしまいました。
 比較対象物がアヅキだったからなぁ・・
 アヅキと同じく頑張ります

[続きを読む...]
テーマ:我が家の猫
ジャンル:ペット
2014年07月10日 (木) | 編集 |
少し前になりますが
アヅキも検査をうけました
140715_1.jpg
絶食なんてできないから、夕飯たべてお泊りして検査をうけたんです
140715_2.jpg

レントゲンから心臓の壁が分厚いと・・
甲状腺の疑いがあるということで
追加で調べてもらったら
140715_3.jpg
やはり甲状腺に問題あり・・
そういえば変に鳴くときあったよなぁ・・
140715_4.jpg
ちょっとお薬と療養食で様子をとしつつとなったのですが・・

お薬があわず首元をカキカキして、お薬ストップ!
副作用が少ないっていう抗生剤だしてもらったら、
下痢嘔吐脱水で点滴となって・・
しばらく療法食のみで心臓の負担等を考慮して
ゆくゆくは肛門腺除去予定

アヅキこう見えてもお薬の相性難しいのよね・・

この前かえたカーペットがお気に入り
140715_6.jpg
あんよはもちろん
140715_7.jpg
アヅキは今日も元気ですよw
私が長電話するの嫌いみたいで小言がすごすぎるわ
140715_9.jpg


おまけ
午前1時と午後13時にヤナセくんがアヅキにごはん出してくれるの
でもね毎回ヤナセくんにもっとだせと要求するのよね〜
140715_8.jpg
だからさ〜武士の情けは禁物だよヤナセくんw
[続きを読む...]
2013年04月21日 (日) | 編集 |
小梅は、今月初めワクチン接種をすませ
その際に肛門腺をしぼってもらいました
実は私肛門腺のつまり具合がわかりません。
でもその前に触ろうとすると逃げられてしまいます
右手で構えてしまうからでしょうか?
130419_2.jpg
結構つまっていたみたいで
今後はワクチンごとに絞ってもらおうと思いつつ
今年もぶじワクチン終わって
よかったとおもっていたのですが・・

ワクチン接種から14日後のお昼
小梅がおしっことウンチをしたのですぐに片づけました

それなのに何回も何回もトイレに行く小梅
トイレのシートに何もついてないのに

おしっこがでる穴から赤い小さな分泌物が・・
以前ストレスのときに出したものと同じようにおもうけど

あれは便っていったけど・・
どうみてもおしっこする穴からでてるし・・

さっきしたウンチに血はまじってなかったし

何回もトイレに向かう小梅
するとトイレのシーツにポタポタと血尿らしき斑点が・・

分泌物と少量の血尿をもって病院にいってきました
130418_1.jpg
便ではなく血尿と思うけど
血尿だと二つの症状が考えられ
膀胱炎か砂がたまってでたものかどちらかとのことで
女の子だから膀胱炎が濃厚かなぁという見解でした

持参した尿の量では検査できないから
後日尿検査するから尿だけもってきてといわれ

止血と抗生物質の入った注射をしてもらい
お薬をもらって その日は帰りました

帰宅後も数回トイレ行ってましたが
薬が効き始めて落ち着いてきました

飲み薬が大っきらいな小梅
毎回泡をふいて嫌がる姿がとても可哀想で
そのことを話すと
先生が処方してくださったのは
甘いかおりでジェル状のピンクのお薬でした
130418_3.jpg
スポイドで小梅の口に流し込むんですが
これが驚くほど抵抗なしで助かりました
130419_3.jpg
翌朝3時にいいおしっこしてくれたけど
私寝ぼけてたから尿の採取できなくて

夕方小梅がトイレ行った時に
紙コップを近づけて採取し容器にいれて
病院にもっていきました

結果は膀胱炎でした
あの分泌物は粘膜だったようで
130419_1.jpg
PHも正常値。
UROは昨日の注射の影響によるもので
PROは昨日の血尿によっておこるもので大丈夫とのこと

膀胱は数週間後に結果が変わることもあるから
2週間後再度尿検査のため尿持参となりました

膀胱炎の原因は、特定が難しく
ストレスや気温差でもおこるそうなのです

あくまでも推測ですが・・
昨日今日のことでなく
2~3週間前のさかのぼることが多いらしいので
お風呂の改装のときキャリーに詰めて移動したのを
ワクチン接種の時思いだしたのでは・・


今はとっても元気な小梅です
130419_4.jpg




↓先日私お誕生日でした
 いただきもの長文のメモです
[続きを読む...]
テーマ:アビシニアン
ジャンル:ペット
2010年08月26日 (木) | 編集 |
今年にはいって、何度も病院を訪れた際、

アヅキのPH数値に関する治療計画とか肛門腺破裂に関する治療計画とか

全くなく、カルテって何のためにあるのかな?と段々病院不審におちいり

この機会に病院を変更することにしました
100824_2.jpg
今までの検査用紙や病気の経歴をメモしアヅキのシッコを持って

その検査結果等をちゃんと目を通してくれて
正直今までこんなに見てもらったことがなかったので
嬉しく思いました(これが当たり前なのでしょうね)

まずは、おしっこ検査の結果です
100824_4.jpg
ストラバイトはありません

PH7は正常値でもぎりぎりで理想は6.5と言われ

手作り食は、正直猫の場合(特に尿トラブルがあるこ)は
あまりお勧めしませんといわれました

でも、私が手作り食をやめるつもりがないと察してくれて

緑黄色野菜は、やめてください

緑黄色野菜は、PHを高めてしまうとのこと

我が家のメニューで定番のかぼちゃスープをその夜からやめました

尿検査は、2~3カ月1回検査し様子をみましょうとなりました



肛門腺破裂に関しては、
100824_3.jpg
定期的に絞るのは、やめましょうと言われました

それは、無理に絞ると炎症を起こし、かえって悪化してしまうとのこと

変に手術とかしても、ものすごく細いとこなので辞めたほうがいい

このこの体質として、破裂させ、その後のケアをした方がいいとのことでした

確かに、破裂しても見た目は痛々しいのですが

その時、お尻を触れるのが嫌がりますが、痛そうにはしてないんです

それに肛門腺絞りして炎症起こすってのは、思い当たることがあって

肛門腺に関しては、破裂したら化膿止めの処置をすることにしました


同じ時間帯におしっこが採れなかったので

1時間後、小梅もおしっこ持参でいってきました

小梅はオシッコが見た目に薄いから気にしてましたが

比重もしっかりしてて、先生曰く

このこは定期的にしなくても異変を感じた時だけで
大丈夫と言われ安心しました。
(たぶん診察台で固まった小梅が可哀想に思われたのかも)

2カ月後、アヅキのPHが下がってくれますように・・
100824_1.jpg

[続きを読む...]
2009年03月30日 (月) | 編集 |
※次回は、4/12更新予定です。
 今回お返事が遅くなります。ごめんなさい


アヅキをつれて、「肛門嚢しぼり」に行ってきました
090330_3.jpg
私、肛門腺といってましたが
正確にいうと肛門嚢(こうもんのう)っていうですね

主治医にもらった「肛門嚢炎(こうもうのうえん)」の資料です
(犬用に書かれたものです。拡大したら読めるようにしています)
090330_1.jpg
090330_2.jpg
肛門を挟みこむように絞るんですね

左が破裂して1ヵ月ちょっと経つのですが、
左は破裂したことによってたまっておらず

右からニョロニョロと出てきました。

猫ちゃんは硬いらしいですが、先生曰く
「う~ん、そんな溜まっていませんね」

先生に絞られている間、エリカラをつけられて
「フーフー」威嚇していたアヅキ
090330_9.jpg
その絞っている様子をみて、
「あの~これ私できないと思うので、
 定期的に連れて来ていいでしょうか?」
受診前は、やる気満々だったくせに自信をなくす私。

「ああはは(苦笑)そうですね。絞るのは難しくないけど
 絞らせてくれるかですもんねww1月半後にまた来てください」
となりました。

酷い場合は、手術することもあるようですが、
アヅキの場合は大丈夫のようで安心しました

ただ・・痩せてたと喜んでたのに・・
体重は「5.14」でした号泣
どっちの病院の体重計がおかしいのか?
それとも単にアヅキが太ったのかな?(笑)

帰り道(車で7分ぐらい)。外を見たがるアヅキ
※携帯にてアヅキの後頭部です。 
090322_1.jpg
小梅は車酔いが、とっても酷いけど
アヅキはへっちゃらで車から外をみるのが好きみたいです
090322_2.jpg
帰ったらご褒美催促がすごくて
もう一度キャリーバックに入ってアピールされてしまいました

特別に
090330_5.jpg
また明日からダイエットだね
[続きを読む...]
copyright © とっとっと all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg