甲状腺に問題あり
2014年07月10日 (木) | 編集 |
少し前になりますが
アヅキも検査をうけました
140715_1.jpg
絶食なんてできないから、夕飯たべてお泊りして検査をうけたんです
140715_2.jpg

レントゲンから心臓の壁が分厚いと・・
甲状腺の疑いがあるということで
追加で調べてもらったら
140715_3.jpg
やはり甲状腺に問題あり・・
そういえば変に鳴くときあったよなぁ・・
140715_4.jpg
ちょっとお薬と療養食で様子をとしつつとなったのですが・・

お薬があわず首元をカキカキして、お薬ストップ!
副作用が少ないっていう抗生剤だしてもらったら、
下痢嘔吐脱水で点滴となって・・
しばらく療法食のみで心臓の負担等を考慮して
ゆくゆくは肛門腺除去予定

アヅキこう見えてもお薬の相性難しいのよね・・

この前かえたカーペットがお気に入り
140715_6.jpg
あんよはもちろん
140715_7.jpg
アヅキは今日も元気ですよw
私が長電話するの嫌いみたいで小言がすごすぎるわ
140715_9.jpg


おまけ
午前1時と午後13時にヤナセくんがアヅキにごはん出してくれるの
でもね毎回ヤナセくんにもっとだせと要求するのよね〜
140715_8.jpg
だからさ〜武士の情けは禁物だよヤナセくんw
[READ MORE...]
小梅血尿でちゃった
2013年04月21日 (日) | 編集 |
小梅は、今月初めワクチン接種をすませ
その際に肛門腺をしぼってもらいました
実は私肛門腺のつまり具合がわかりません。
でもその前に触ろうとすると逃げられてしまいます
右手で構えてしまうからでしょうか?
130419_2.jpg
結構つまっていたみたいで
今後はワクチンごとに絞ってもらおうと思いつつ
今年もぶじワクチン終わって
よかったとおもっていたのですが・・

ワクチン接種から14日後のお昼
小梅がおしっことウンチをしたのですぐに片づけました

それなのに何回も何回もトイレに行く小梅
トイレのシートに何もついてないのに

おしっこがでる穴から赤い小さな分泌物が・・
以前ストレスのときに出したものと同じようにおもうけど

あれは便っていったけど・・
どうみてもおしっこする穴からでてるし・・

さっきしたウンチに血はまじってなかったし

何回もトイレに向かう小梅
するとトイレのシーツにポタポタと血尿らしき斑点が・・

分泌物と少量の血尿をもって病院にいってきました
130418_1.jpg
便ではなく血尿と思うけど
血尿だと二つの症状が考えられ
膀胱炎か砂がたまってでたものかどちらかとのことで
女の子だから膀胱炎が濃厚かなぁという見解でした

持参した尿の量では検査できないから
後日尿検査するから尿だけもってきてといわれ

止血と抗生物質の入った注射をしてもらい
お薬をもらって その日は帰りました

帰宅後も数回トイレ行ってましたが
薬が効き始めて落ち着いてきました

飲み薬が大っきらいな小梅
毎回泡をふいて嫌がる姿がとても可哀想で
そのことを話すと
先生が処方してくださったのは
甘いかおりでジェル状のピンクのお薬でした
130418_3.jpg
スポイドで小梅の口に流し込むんですが
これが驚くほど抵抗なしで助かりました
130419_3.jpg
翌朝3時にいいおしっこしてくれたけど
私寝ぼけてたから尿の採取できなくて

夕方小梅がトイレ行った時に
紙コップを近づけて採取し容器にいれて
病院にもっていきました

結果は膀胱炎でした
あの分泌物は粘膜だったようで
130419_1.jpg
PHも正常値。
UROは昨日の注射の影響によるもので
PROは昨日の血尿によっておこるもので大丈夫とのこと

膀胱は数週間後に結果が変わることもあるから
2週間後再度尿検査のため尿持参となりました

膀胱炎の原因は、特定が難しく
ストレスや気温差でもおこるそうなのです

あくまでも推測ですが・・
昨日今日のことでなく
2~3週間前のさかのぼることが多いらしいので
お風呂の改装のときキャリーに詰めて移動したのを
ワクチン接種の時思いだしたのでは・・


今はとっても元気な小梅です
130419_4.jpg




↓先日私お誕生日でした
 いただきもの長文のメモです
[READ MORE...]
テーマ:アビシニアン
ジャンル:ペット
新しい病院
2010年08月26日 (木) | 編集 |
今年にはいって、何度も病院を訪れた際、

アヅキのPH数値に関する治療計画とか肛門腺破裂に関する治療計画とか

全くなく、カルテって何のためにあるのかな?と段々病院不審におちいり

この機会に病院を変更することにしました
100824_2.jpg
今までの検査用紙や病気の経歴をメモしアヅキのシッコを持って

その検査結果等をちゃんと目を通してくれて
正直今までこんなに見てもらったことがなかったので
嬉しく思いました(これが当たり前なのでしょうね)

まずは、おしっこ検査の結果です
100824_4.jpg
ストラバイトはありません

PH7は正常値でもぎりぎりで理想は6.5と言われ

手作り食は、正直猫の場合(特に尿トラブルがあるこ)は
あまりお勧めしませんといわれました

でも、私が手作り食をやめるつもりがないと察してくれて

緑黄色野菜は、やめてください

緑黄色野菜は、PHを高めてしまうとのこと

我が家のメニューで定番のかぼちゃスープをその夜からやめました

尿検査は、2~3カ月1回検査し様子をみましょうとなりました



肛門腺破裂に関しては、
100824_3.jpg
定期的に絞るのは、やめましょうと言われました

それは、無理に絞ると炎症を起こし、かえって悪化してしまうとのこと

変に手術とかしても、ものすごく細いとこなので辞めたほうがいい

このこの体質として、破裂させ、その後のケアをした方がいいとのことでした

確かに、破裂しても見た目は痛々しいのですが

その時、お尻を触れるのが嫌がりますが、痛そうにはしてないんです

それに肛門腺絞りして炎症起こすってのは、思い当たることがあって

肛門腺に関しては、破裂したら化膿止めの処置をすることにしました


同じ時間帯におしっこが採れなかったので

1時間後、小梅もおしっこ持参でいってきました

小梅はオシッコが見た目に薄いから気にしてましたが

比重もしっかりしてて、先生曰く

このこは定期的にしなくても異変を感じた時だけで
大丈夫と言われ安心しました。
(たぶん診察台で固まった小梅が可哀想に思われたのかも)

2カ月後、アヅキのPHが下がってくれますように・・
100824_1.jpg

[READ MORE...]
初しぼり!
2009年03月30日 (月) | 編集 |
※次回は、4/12更新予定です。
 今回お返事が遅くなります。ごめんなさい


アヅキをつれて、「肛門嚢しぼり」に行ってきました
090330_3.jpg
私、肛門腺といってましたが
正確にいうと肛門嚢(こうもんのう)っていうですね

主治医にもらった「肛門嚢炎(こうもうのうえん)」の資料です
(犬用に書かれたものです。拡大したら読めるようにしています)
090330_1.jpg
090330_2.jpg
肛門を挟みこむように絞るんですね

左が破裂して1ヵ月ちょっと経つのですが、
左は破裂したことによってたまっておらず

右からニョロニョロと出てきました。

猫ちゃんは硬いらしいですが、先生曰く
「う~ん、そんな溜まっていませんね」

先生に絞られている間、エリカラをつけられて
「フーフー」威嚇していたアヅキ
090330_9.jpg
その絞っている様子をみて、
「あの~これ私できないと思うので、
 定期的に連れて来ていいでしょうか?」
受診前は、やる気満々だったくせに自信をなくす私。

「ああはは(苦笑)そうですね。絞るのは難しくないけど
 絞らせてくれるかですもんねww1月半後にまた来てください」
となりました。

酷い場合は、手術することもあるようですが、
アヅキの場合は大丈夫のようで安心しました

ただ・・痩せてたと喜んでたのに・・
体重は「5.14」でした号泣
どっちの病院の体重計がおかしいのか?
それとも単にアヅキが太ったのかな?(笑)

帰り道(車で7分ぐらい)。外を見たがるアヅキ
※携帯にてアヅキの後頭部です。 
090322_1.jpg
小梅は車酔いが、とっても酷いけど
アヅキはへっちゃらで車から外をみるのが好きみたいです
090322_2.jpg
帰ったらご褒美催促がすごくて
もう一度キャリーバックに入ってアピールされてしまいました

特別に
090330_5.jpg
また明日からダイエットだね
[READ MORE...]
2度目の破裂
2009年03月02日 (月) | 編集 |
申し訳ありません。夏まで多忙の為、
しばらく2~3週間に1回の更新にしたいと思います。
今週は、週初めテストのため、お返事が遅くなります。ごめんなさい。
次回は3/16更新予定です


私は、猫の病気等は詳細に記録しておきたいと思っています。
本日の記事はまとなりがなく長々のため
興味がない方は、遠慮なくスルーしてくださいね笑顔

実は、ブログをお休みの間に
アヅキ肛門腺破裂(今回で2回目)しちゃいました
0903202_7.jpg
といっても、アヅキはとっても元気で食欲もあります
ご心配なさらないでくださいね

ちなみに↓の動画は、破裂した後キャットニップで遊ぶアヅキです
アヅキの肛門線破裂(あまりにも痛々しいので画像はのせません)は、
うんP後、お尻をふいた時「フーッ」と威嚇したのと、
直径3ミリほどの薄い血痕がシートについたので気づきました

肛門と並行で左下にまるで肛門が2つできたようになってました

先生曰く、破裂する前が痛くて破裂したほうが楽とのことです。

猫がなるのは珍しく、原因は特定できないとのことでした。

アヅキは体質的に肛門腺がたまりやすいのかもしれません
090302_4.jpg
といっても前回破裂は2年前の4月でしたので、
1年に1度ぐらい肛門腺を絞ってもらったらいいのかもと考え
次回ホームドクターに相談しようと思っています
(破裂したとき休診の為、前回破裂したときの主治医にみてもらいました)

破裂する数日前にトイレ後、お尻を引きづるようにとか、
機嫌が悪くありませんでしたか?先生に聞かれたのですが・・
(先生曰く飼い主さんは、気付きにくいんだそうです)
090302_3.jpg
トイレ時は、猫下部尿路疾患になったこともあって
いつも注意深くみてますが変化に気づきませんでした

ただ今思えば・・
破裂する2日前から早朝のフミフミ攻撃がなかったことぐらいです
(あれ?あれって機嫌が悪いとしないのかな?)

今回の処置も、お薬と注射でした
実は、2年2ヶ月前に処方された抗生物質が合わなくて嘔吐下痢したこともあり
そのことも告げて処方していただき、今回は、嘔吐下痢はありませんでした
090302_5.jpg
前回と大きくちがったことは、
アヅキが異常に甘えん坊だったことです。
痛さからではなく、心細そさからのようでした
(いつもと違ってベタベタされて実はうれしかった私)

私の膝の上にすぐ飛んできたり、私がいないと鳴きだしたり

そして、早朝フミフミも封印されていました
(「このまま封印しておくれ」と心から願っておりました)

が・・破裂後3日目早朝フミフミ再稼動
0903202_6.jpg
しかも、稼動前に下敷きになる苦しい嫌な夢をみて、起きてみたら・・
アヅキが私の首の上に襟巻のようになって寝てました号泣

傷口は今とっても小さくなってます。

実は、今回病院いって嬉しいことが・・

体重が「5.0」になってました(昨年末5.12)

さぁめざせ4キロ代!

まとまりなく長々とすみません


---- あづき懐かしの写真 ------
そういえば昔、後ろ足で耳をケリケリするから
市販のエリカラをつけたらすごく嫌がって・・
こんなもの↓作ったことありました。
(以前さえちさんにお地蔵さんみたいといわれて大笑いしたの思い出します)
秘かに中指の代わりに、おしっぽたてて抗議してるし・・
090228_1.jpg

[READ MORE...]