FC2ブログ
日々のことを、いつの日かの大切な思い出として、のんびりとつづりたいと思います。
2009年04月26日 (日) | 編集 |
※今回、お返事が遅くなります。ごめんなさい
  5月から8月初旬まで多忙のため、月1回の更新(コメント欄受付)となります
  

小梅をつれて、ワクチン接種と肛門嚢しぼりにいってきました
090425_1.jpg
病院が大っ嫌いな小梅
毎度毎度とってもとっても大変です

キャリーをみたら逃亡するので、前の晩から仕込んでおきます
090425_2.jpg
昨年と違うキャリーだから今回は楽かも・・
(前のキャリーのお話は「小梅とぉっ事件」にて)

なんて・・期待を裏切って今年もすごかったです

キャリーにいれようとすると、後ろ足で自転車漕ぎ
のれんを一緒に連れて行くと離さず・・
090425_3.jpg
今回は、キャリーに入ってから診察室の扉を開けるまで鳴いてました

そんな小梅なんですが、
診察台にのると(あきらめ?)とってもおとなしいんですよww

ワクチン接種しながら(が私で、が先生です)

:「小梅ちゃん、緊張してますね。怖いからかなぁ・・汗かいてますね」
※猫は、肉球から汗を出します。冷汗?診察台にぺたぺた足跡をつけた小梅でした

先生、お泊りしたとき小梅がとっても印象的だったらしく

:「あのとき、おしっこをしなくて、ぎりぎりまで待って
  しぼることをにしたんですが、小梅ちゃんパニックになって・・苦笑2

小梅を見つめながら、先生懐かしがってました

その後どういうことが起こったか
小梅とぉっ事件」をお話しましたら、先生苦笑。
090425_4.jpg
恒例の耳掃除の後、肛門嚢しぼりもやってもらいました
その際に色々質問しました

M:肛門嚢がつまっているとき見た目でわかるものですか?

T: 肛門が明らかに盛り上がってるとか・・(う~んと唸り気味。)

M:(そうなってるときは破裂寸前なのかなぁ)とふと思った私。

と、心のつぶやきが解ってしまったのかしら?
先生は、触診でわかる方法を教えてくれました

以前の肛門嚢の資料で絞る絵があったと思うのですが

あの絞る位置のところが、たまってるとコリコリしてます

実は、小梅溜まってたんです。コリコリしてました

量はティシュ1枚(2枚組)でうけとめるぐらいでてきました
(正直、こんなに・・と驚きました)

T: 普段はきちんと出てるけど何かの拍子に詰まって
  たまってたようなうですね。

エリカラなしで、唸ることもなく、肛門嚢しぼりできました

T: いままで、こんなにおとなしく絞らせた子はいません(苦笑)

たぶん、今の先生は、小梅のタイプってのも関係してるのかもしれません
(人間の男性のタイプによって、態度が大きく違う小梅です。
 ちなみに好きなタイプは、やせ型で汗っかきの男性です。)

診察台からおりてキャリーに入れると「早く家に帰りたいよ~。ここから出して」と
カリカリして鳴きまくって、さっきまで大人しかったのが嘘のようでした

さくら今年のワクチン接種証明には、
お泊りした時の写真付きでした
(しっかりカメラ目線の小梅ですww)
090425_5.jpg
[続きを読む...]
copyright © とっとっと all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg