FC2ブログ
2018年01月21日 (日) | 編集 |
小梅のことで色々とご心配いただいて
本当にありがとうございます。

まずは結論から
今年の1月13日動物病院を転院しました。
N動物病院のM院長先生の診断によると
かなり弱ってるから、もって後一ヶ月と言われました。
180119_1.jpg
N動物病院は小梅がはじめてワクチンを打ってもらった病院です。
ずっとここを通院したかったんですが、
小梅は以前まで車酔いが酷くて通院できなかったんです。

M院長先生は、
小梅のお腹を触診し、触ってもわかるくらい変形していて
おしりもただれていること、
下痢が続く原因は、お腹の中のできものによって
引き起こしているとのことでした。
一番は、お腹の中のできものを取り除くことだが
この子は弱り切っているから、それはできない。
180119_4.jpg
注射が一番効果はあるが、
毎日の通院はこの子のストレスになるから
穏やかに過ごすために
注射→薬→薬のローテンションで様子をみましょう。
今後はおそらくもっと痩せていくと思うといわれました。
M医院長は、小梅第一に考え
そして飼い主の私のことを思って穏やかに話してくれました。
180119_2.jpg
転院後、下痢の症状は以前に比べ
驚くほど回数も量も減りました。
量は1/10以下になり便の色もビターチョコ色に変わりました。
お尻の周りや尻尾も良い方向に向かっています。
(M医院長によるとお尻の穴近くのおしっぽが
下痢の付着によって小梅がなめまくり禿になったものでした。)
ちょっと尻尾が臭いすることを伝えたら
M医院長は小梅の尻尾の付け根をにおってくれて
「大丈夫」って笑顔で言ってくれた時は
本当に感動して嬉しかったです。
180119_5.jpg

そしてなでられるのも嫌がっていたのに
転院後膝にのせてとやってきて
ナデナデすると以前よりは弱いけど
ゴロゴロいってくれました。
180121_2.jpg
幸い、小梅は今のところ寝たきりではなく
ジャンプ力はなくなりましたが、自ら歩いて
水をのみ、トイレに行き
朝は、ご飯の準備が始まると
ちょこんとキッチンにやってきて
お昼や夕方は、お刺身を焼くフライパンを出す音で
起きてクリクリお目目でみつめてくれます。

食欲は今のところあります。
ただ食の好みが日によって変わっていくようです。
今日は朝食2回目はみんなと食べたいそぶりをし
2回目だから量は少なかったけど食べてくれました。
180121_1.jpg
表情がとても穏やかになって、
リビングで穏やかな日々を過ごしています。

写真はお刺身をたべてるとこで
お刺身食べるときはゲージで食べてもらってます。
サラにいっつも見つめられていますw
180119_3.jpg
私も、転院先のM先生のおかげで
今後のことの踏ん切りといったものがつき
小梅とのこれまでのことを思い出しながら
小梅との残り少ない日々を大切にしたいと思っています。
[続きを読む...]
テーマ:アビシニアン
ジャンル:ペット