FC2ブログ
慢性すい炎と診断されました。
2021年04月17日 (土) | 編集 |


  愛猫の健康状態の記録を残しておきたい、
  もしかしたら、
  どなたかのお役に立てるかもしれない、
  そう思うと、長々となりそうなので

  まずは、簡潔なご報告から 
  金曜日アヅキが、慢性すい炎と診断されました。
  210416_1.jpg
  かかりつけの病院で
  的確な処置していただいたこともあって
  今は穏やかにすごしています。
  210417_4.jpg
  心臓と同じで完治することはありません。
  心臓に負担をあたえない投薬で
  今後も症状を緩和しながらの生活となります。


4月14日水曜日の早朝
いつもと変わらずオシッコして
午前6時半頃とってもいいウンチをしました。

アヅキの朝ルーティンは、
オシッコとウンチの後、猫草を食べ
210416_7.jpg
猫草といっしょに毛玉を吐く
↓ アヅキの吐くものを受け止めるために
↓ 使うチラシです。
210416_8.jpg
この日、猫草を食べずに
突然嘔吐きだしたので
慌ててチラシをアヅキの口元にもって行きました。

でも何も(胃液さえも)吐き出しませんでした。
その後、いつもたたずまないとこでたたずみ
210416_14.jpg
朝食をほとんど食べませんでした。
210416_9.jpg
いつもアヅキは夕食に比べ
朝食の食いつきがイマイチなのですが
こんなに食べないことは今までありませんでした。

とてもいいウンチもしたし、オシッコもしたし
色々考えて夕食まで様子を見ることにしました。

仕事から帰宅して夕食をだすも
全く食べず、かかりつけの病院に電話して、
アヅキを連れて行きました。
(かかりつけ病院は木曜日が休診日です。)

実は、アヅキは4月12日に
心臓の検査と健康診断をしていました。
検査結果は通常1週間かかります。
アヅキの急変をしって
病院が急遽用意してくださいました。

心臓の検査は
正常値よりかなり悪いけど
前回より少しよくなっていました。
210416_10.jpg

が・・すい炎の検査対象となる
リパーゼ(LIPA)が前回まで正常値だったのに
10倍以上の数値になっていました。
210416_11.jpg
アヅキのレントゲンを撮っていただくと
心臓に水が少したまっている(胸水)
とこのことでした。

血液検査の結果から
すい炎の疑いがあるので
金曜日ガバペンチンを飲んで
検査をするようすすめられました。
210416_2.jpg
アヅキは心臓の問題もあるため
心臓の負担になる治療は
できなことも教えていただき
この日は、心臓の負担にならないように
すい炎をうたがった処置と
胸水をオシッコで出すために
利尿効果の処置をしていただきました。
呼吸に異変を感じたら
緊急電話するよういわれ帰宅しました。

帰宅するとご飯を食べたそうな顔をしたので
ご飯をみせると少し食べていました。

次の日朝から
私の側に来て抱っこ催促したり
いつも通りにご飯を食べ
いつものお気に入りの場所で
のんびりできるようになりました。
210416_12.jpg

そして金曜日ガバペンチンを飲ませ
すい炎検査とエコーをしてもらいました。
エコーで異常はなかったようですが
慢性すい炎と診断されたました。

慢性すい炎は、特効薬はないそうです。
ステロイド治療もあるそうなのですが
アヅキの心臓を考えると
避けた方がいいと言われました。

水曜日の処置とその際の処方薬で
落ち着いているなら、今後は
1日2回胃腸薬を飲ませ、
胸水をおしっこで出すため
利尿剤を服用させることとなりました。

ただ利尿剤も与えすぎると
腎臓がわるくなるそうなので
毎日ではなく、1日おきの投薬となりました。

アヅキは今まで検査で腎臓の数値に
問題はないと思っていたのですが、
先生曰く検査で腎臓に問題ありとでるときは
既に7割悪化した状態らしく
それ以下だと数値としてでてこないそうなんです。
210417_2.jpg

アヅキの投薬は、
以前もお話しましたが、完治することはないので
正確にいうと治療ではありません。

アヅキが穏やかに生活を送るための投薬です。
210417_3.jpg
イマイチな心臓と
イマイチなすい蔵だけど
アヅキのペースで
穏やかに過ごしてくれたらなぁと思い
アヅキとの時間を大切にしていきたいと思いました。


[READ MORE...]