のんびりとつづりたいと思います。
新しい病院
2010年08月26日 (木) | 編集 |
今年にはいって、何度も病院を訪れた際、

アヅキのPH数値に関する治療計画とか肛門腺破裂に関する治療計画とか

全くなく、カルテって何のためにあるのかな?と段々病院不審におちいり

この機会に病院を変更することにしました
100824_2.jpg
今までの検査用紙や病気の経歴をメモしアヅキのシッコを持って

その検査結果等をちゃんと目を通してくれて
正直今までこんなに見てもらったことがなかったので
嬉しく思いました(これが当たり前なのでしょうね)

まずは、おしっこ検査の結果です
100824_4.jpg
ストラバイトはありません

PH7は正常値でもぎりぎりで理想は6.5と言われ

手作り食は、正直猫の場合(特に尿トラブルがあるこ)は
あまりお勧めしませんといわれました

でも、私が手作り食をやめるつもりがないと察してくれて

緑黄色野菜は、やめてください

緑黄色野菜は、PHを高めてしまうとのこと

我が家のメニューで定番のかぼちゃスープをその夜からやめました

尿検査は、2~3カ月1回検査し様子をみましょうとなりました



肛門腺破裂に関しては、
100824_3.jpg
定期的に絞るのは、やめましょうと言われました

それは、無理に絞ると炎症を起こし、かえって悪化してしまうとのこと

変に手術とかしても、ものすごく細いとこなので辞めたほうがいい

このこの体質として、破裂させ、その後のケアをした方がいいとのことでした

確かに、破裂しても見た目は痛々しいのですが

その時、お尻を触れるのが嫌がりますが、痛そうにはしてないんです

それに肛門腺絞りして炎症起こすってのは、思い当たることがあって

肛門腺に関しては、破裂したら化膿止めの処置をすることにしました


同じ時間帯におしっこが採れなかったので

1時間後、小梅もおしっこ持参でいってきました

小梅はオシッコが見た目に薄いから気にしてましたが

比重もしっかりしてて、先生曰く

このこは定期的にしなくても異変を感じた時だけで
大丈夫と言われ安心しました。
(たぶん診察台で固まった小梅が可哀想に思われたのかも)

2カ月後、アヅキのPHが下がってくれますように・・
100824_1.jpg

体重報告(8/24)

  小梅  3.5キロ

  あづき 4.85キロ

  アヅキかなり太ったと思ってたけど・・
  でも7/6より二人ともふとってるなぁ(私もだけど)
  皆でダイエット頑張らなきゃ