のんびりとつづりたいと思います。
我家の猫ごはん
2011年02月06日 (日) | 編集 |
もっとまめに更新したいんですが、今ものすごく忙しくて・・

でも、先月末にとっても嬉しいことがあって

今の我家の猫ご飯について、記録する必要性をかんじ

今回いろんなことを書き留めておきたいと思います

ただ・・気持ちが前に行きすぎて
まとまりがない文面となってしまいました
前もって、ごめんなさい

今のメニューになるまでの
格闘は長々となりすぎてしまったので
興味がある方は、「 ▼追記の開閉  」をクリックしてご覧ください


夕飯
前もってお魚のアラスープをつくり
冷凍庫にいれてストックしています
そのつくりおきのお魚のアラスープにお水と乾燥おからと
本屑をいれ温めてとろみをつけます
(おからは、夕飯のみです)
110205_1.jpg
お野菜は、この頃大人気の白菜です
(ゆでてみじん切り)
お魚は、ブリを焼いて
お野菜やスープとあえて
お魚をメインの我が家は、ビタミンE補給のため
グリーンナッツオイルを小さじ1/4いれ、ビタミンC小さじ1/8の半分
アヅキだけベリーベリー
※ビタミンCは入れすぎちゃうとウンチがゆるくなっちゃうので
量は調整してます

仕上げに、お2人さんの大好きなフリーズドライささみ
CAT-BUSHIをふりかけ出来上がり!
110205_2.jpg
あとは、カリカリ少々


夜中
手づく食をしたらお腹すきやすいって本に書いてあったけど
ホントそうなんです
午前2時とか3時に必ず起こされます
(私は起きて少し勉強するからいいんだけどね)
アヅキは、お腹がすくと吐いてしまうこなので
初乳山羊ミルクとカリカリを2グラムあたえています
小梅は、未だにお皿からミルクを前に飛ばしながら飲んでますww



朝食
夕飯に比べていっつも綺麗に食べてくれます
催促もすっごいです(笑)
定番のお魚のあらスープに本屑でとろみをつけて
野菜はサツマイモ(あく抜き)を煮て潰し
大根と白菜も煮てみじん切りしたものに
グリーンナッツオイルにビタミンCにアヅキだけベリベリー
お魚はブリを焼いてます
(アヅキはブリが大好きで毎朝早く早く飛びついてきます)
そしてフリーズドライとCAT-BUSHIふりかけ
110205_5.jpg
後はカリカリ少々です


朝とお昼と夜中のカリカリは
ナウ・アダルトです
このカリカリ小粒なので
110205_4.jpg
大きい粒が苦手な小梅には助かります
そして、とっても美味しいらしく毎度おふたりさん
すごい食いつきです

とりあえず、今の我家の定番メニューの紹介でした(笑)


我家の手作りごはんのスタートは2008年10月19日でした

その頃は食べてくれるだけで
とっても嬉しかったのを覚えています

手づく食を始めて、大きな変化は
アヅキのオシッコにストラバイトが出なくなったこと
見た目に、毛並みや体つき、顔つきが変わってきたこと

ただ・・

手作り食を始めた頃は、おしっこの回数が1日1回でした
(後にメサジルを変更し改善しました)
もともとアヅキはPHが高めで、なかなかPHが下がりませんでした

その頃通院していた病院では「メサジル」を
ご飯にまぜるようにいわれてました
(メサジルは2年ぐらい使用しました)

メサジルを与えていたのに
(手作りごはん前)ストラバイトがでて・・

おしっこの回数は1日1回

私は、「メサジル」の効果に、かなり疑問をいだいていました

いろんなことを考えて病院を変更し、
それを機会に「メサジル」ではないサプリメントを
ぽのぽのさんに相談してクランベリーリリーフに変更しました

すると、おしっこは1日2回になりました

おしっこも落ちついたところで
病歴や検査資料とニャンズのオシッコ持参で
新しい病院に・・

そしたら、手作り食に批判的で・・

前もって、ぽのぽのさんに頂いた資料や須藤先生の本
手作り食は、実証しずらいため批判的な意見が多い
とは知ってはいたので、よかったです(笑)

「ビタミンCは自ら作り出すからあえて与える必要ないです」
「メサジルは認定されているものだが、それ以外のものは
 認定されていないので、認定されていないというのは
 実証がないんですから・・」

でも、私は手づく食をやめないといいはり、
先生はあきらめてくださって(笑)

ただ、その時小梅のオシッコで、あることがあることが発覚
小梅は今までオシッコトラブルはなくて、PHは6.5でした
それなのにPH7.0に・・
先生曰く、緑黄色野菜はPHをあげるらしいのです
例えで話してくれた山羊の話に納得して、
その頃定番だったカボチャのスープとブロッコリーや
ニンジンをやめることにしました

その後もアヅキのPHは下がることがなく
それどころかで10月末にPH7.5
(ストラバイトは手づく食をしてから1度もでてません)
おしっこは1日2回必ずしてるのに・・

そんなときクランベリーリリーフが残りわずかになって
ぽのぽのさんに相談して、ベリーベリーに変更し
ビタミンCを少し増やしてみました

更に、食事タブーと思い込んでた
乾燥おからをいれてみたりして

ものすごく寒い日だった1月の末日
PHが7.0に・・下がりました!

そしてあの批判的だった先生から
「効果がでているようなので
 また様子をみて3カ月後におしっこをもってきてください」
っていわれました


尿トラブルの猫の手作り食は、
ホントいろんな意味で難しいです

毎度、おしっこ検査の結果を聞くまでの
待合室でドキドキしてます

食材に関して
本によったら駄目といいつつ、
はっきりした理由づけで書いたものがなくて・・

我が家には、アヅキが子猫ときから使用している
清水器があります

でもオシッコの回数を増やすことはできませんでした

手作り食をして、この頃ふと気がついたのですが

アヅキが清水器で水を飲んでる姿を(手作り食にしてから)みたことがないんです

知らず知らずのうちに食事等でオシッコの回数を増やすことができました
110205_6.jpg

これからもPH下げる為色々と試行錯誤していきたいと思います

そして、手作り食に際して
ぽのぽのさんには、本当にお世話になりました
ありがとうござます
これからもよろしくお願い致します

テーマ:猫と暮らす
ジャンル:ペット