のんびりとつづりたいと思います。
珍な日
2011年04月02日 (土) | 編集 |
ずっと気になっていたので
昨日、直接お電話でお話できてよかったです
Nさん、本当にありがとうございました

いつも通りに少しづつ復活中の私です

ある日、情報番組を見ていたら

突然画面が囲碁番組に・・

電波障害かしらと思ったら

茶色姫のダブルプシュっ
110402_1.jpg
どのあたりで「2」押したんでしょうね(笑)

さてタイトルのお話は・・
▼追記の開閉 に続きます

運転免許書更新の日

優良ドライバーの私は
(珍しく一時停止でおよばれしませんでしたw)

初めて、最寄りの某警察署で
免許書の更新を行うことにしました

ホント驚くほど流れ作業で(笑)

免許書ができるまで
待合室みたいなとこで
ビデオを見ていたときのこと

真横では視力検査をしていました

御老人の方と警察官の対話の一部です

両目で見る検査の時
おじいさん:「う~ん?わからんわ~」
警察官:「わからんじゃ、いかんのだわ」
と、こんな具合なんです。
あまりにもおかしくて笑いをこらえるのに苦労しました

次回の更新も優良になれるようにしなきゃと思いつつ

警察署から図書館へ

図書館で勉強していた私の前に
一人の高校生らしき男の子が座りました

彼は、本を立てて、
その本の内容を持参したノートに
一生懸命書き写していました

何気に、その本のタイトルをみたら
「ワルの恋愛術」しかも図書館の本。

なぜワル?
鼻からゆっくり息を吸い込み笑いをこらえ
見なかったことに・・
ちなみに彼はサウスポー1時間近く書きうつしてました

図書館の閉館10分前に図書館を後にしました

車で移動中、震災に関する
ラジオのDJさんの言葉にしんみりしていたとき
何気に私の車の前方左を確認したときのこと

前方左の自転車に乗っていたおじさんが

自転車をこぎながら

いきなり左手をあげてガッツポーズ

へ?私への励まし?そんなことあるわけないよね(笑)

更に車を走らせ5分後、赤信号で車を止めてたら

歩道の真ん中を黒ぶちの猫ちゃんが

悠々と目の前を横断していきました(猫ちゃんの信号は青)

あまりの珍な出来事が続いた日でした
110402_2.jpg